会社設立「合同会社」とは - 会社設立ガイド 合同会社編

会社設立「合同会社」とは

会社設立時に最初に決めなくてはならないこと、それは会社形態です。
では、現在の会社形態はどのようなものがあるのでしょうか。
会社設立のガイドになるよう簡単に形態についてまとめてみました。

2006年5月施工の新会社法により「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の4種類となっています。
「有限会社」にかわり、以前はなかった「合同会社」が加わりました。

会社設立と聞くと、多くは「株式会社」というイメージが強いことでしょう。
しかし近年では、会社設立までの流れや手順が非常にシンプルで簡単ということもあり、「合同会社」の設立もだいぶ増えてきたようです。
最近ではAPPLEやAMZONなどの大きな会社も合同会社になって、認知度もあがってきたといえるでしょう。
そこで「合同会社」とは、そもそもどのような会社形態を言うのでしょうか。

合同会社とはどんな会社?

「合同会社」は1人以上であれば設立可能で、資本金も1円からと非常に少ない金額で設立できる法人形態です。
出資者の全員が有限責任社員となり、会社が倒産に陥ってしまった場合、無限に責任を負わなくてはいけないということはなく、出資額以上の責任を負わなくても済みます。
さらに、定款に定めることによって出資比率にかかわらず、利益配分を自由に設定することができます。
そして意思の決定方法についても同様で、出資金で意思決定に差が出ることはなく、社員全員の合意があれば決定となります。

合同会社の名称や略字について

略字は、たとえば「株式会社」を(株)とするように、「合同会社」は(同)となります。
「合同会社」「合資会社」「合名会社」すべてを(合)としてしまいそうですが、そこはしっかりと区別できるようにしています。
「合資会社」は(資)、「合名会社」は(名)というように2文字目を略字としているのです。
金融機関でのカタカナ表記も同様です。
「合」から始まる会社形態は2文字目の表記で「合同会社」は「ド」となります。
英語表記は「LLC」となります。

「合同会社」は少人数で各自が違った知識や技術、出資金があればルールは自由です。
「合同会社」が増えつつありますし、会社設立に合同会社の形態をとることは自由な運営方針を重点に置きたい方にはおすすめです。

合同会社の設立方法

合同会社を設立するステップについて紹介します。
合同会社は株式会社よりもシンプルですし、株主構成などを考慮しなくて良い点で簡単です。

まず手続きを始める前に費用を用意しましょう。
資本金の金額にもよりますが、登記に最低6万円と定款の謄本手数料として1ページ250円×ページ数分の費用が必要です。
これに加えて神の定款の場合には収入印紙代として4万円が必要になります。
設立の費用自体はこれくらいですが、出資金についても併せて用意しておきましょう。

費用が用意できたら、定款を作成するために設立項目をきめましょう。
商号や事業目的、資本金の金額や本店所在地など会社設立に伴う基本的な事項なので、事業の内容がきちんと決まっていればそれほそ悩まずに決めることが可能だと思います。

これらがきまったら定款を作成します。
合同会社では株式会社には必要な定款の認証をうける必要がありません。
定款の認証は公証人役場へ出向き、定款が正し作成されたかどうか公的機関に証明してもらう手続きのことをいい、株式会社では必須です。
合同会社の場合はこれらの手順が不要で、さらに、株主などがいないため内部の仕組みもわかりやすいためシンプルな定款にすることが可能です。
サンプルやひな形なのがダウンロードできますので、先ほど決めた設立項目に沿って作成し、その他は社員間でのトラブルがないように入社や退社の際の取り決めや利益分配に関する取り決めなどを作成しておくとよいでしょう。
自分で作成する場合は紙での作成が基本ですが、収入印紙代がかかりますので設立会社や代行会社に依頼して電子定款を委託してもらう方法もあります。

定款を作成したら登記の書類と作成します。
設立登記申請書のほかに、印鑑届出所や払込証明者、代表社員就任承諾書、本店所在地および資本金決定書など必要な書類を用意します。
こちらも難しい書類ではありませんのですぐに用意することができるかと思います。

これらが用意できたらいよいよ法務局にてて登記の申請を行います。
申請日が会社設立日になるので、希望の日程がある場合は注意してください。
これで会社設立の手順は終了です。
法務局や税務署、都道府県などに開業をしらせる書類を実際に届け出れば実際に運用を開始することができます。

合同会社は全体的に書類の作成が簡単で手続きが簡単なので、小規模から事業を始める場合にもむういています。
会社を設立する際に合同会社も検討してみてはいかがでしょうか?