「合同会社」設立のメリット - 会社設立ガイド 合同会社編

会社設立ガイド 合同会社編 > 「合同会社」設立のメリット

「合同会社」設立のメリット

近年、会社形態を「合同会社」にする人が急増しつつあります。
一般的にはまだまだ知名度が低く、会社設立と言えば「株式会社」という印象が強いことでしょう。
しかし「合同会社」が年々増加傾向にあるのは、やはりそれだけのメリットがあるからです。
どのようなメリットがあるのでしょうか。

第一に会社設立時の費用が非常に安く抑えられるということです。
そして1人以上で、資本金も1円から「合同会社」が設立できてしまいます。
また、定款に定めることにより利益配分は自由に設定することが可能です。
さらに、役員の任期が定められておらず役員変更の手続きが不要です。
他にも決算公告の義務がない、会社が倒産しても有限責任で済む、税務的に節税が可能、「株式会社」への変更が可能なことなどがあげられます。
意外に多いメリットですが、もう少し詳しく見てみるとどのようなことなのでしょうか。

会社設立時にかかる費用は「株式会社」と比べて約14万円安く済むようです。
費用にこれだけの差があるのは「合同会社」設立の最大のメリットと言えます。
また利益配分が設定自由というのは、お金はなくとも知識や技術を持った人、知識や技術はなくともお金はある人、自分にあるものを持ち寄ることで平等に利益配分することができます。

さらに、役員変更手続きや決算公告の際にも通常、費用が発生します。
しかし、これらが不要であるため費用がかかりません。
そして出資者全員が有限責任社員であるため、大きなリスクを回避することができます。
税務的な面でも「株式会社」同様、法人名義のものであれば、会社の経費であると認められるのです。
最後に、法人か否かで組織変更の可否が異なりますが、「合同会社」は法人であるため後々、業務拡大にともなって「株式会社」へ変更というのが可能なのです。

メリットが存在するということはデメリットも存在します。
しかしながら、これだけ多くのメリットがあるからこそ、今後さらに「合同会社」が増え続け、いずれ「株式会社」と並ぶ会社形態となるかもしれません。