「株式会社」か「合同会社」か - 会社設立ガイド 合同会社編

会社設立ガイド 合同会社編 > 「株式会社」か「合同会社」か

「株式会社」か「合同会社」か

会社設立の際に、会社形態をどうするか考えます。
世の中のイメージは会社設立と言えば「株式会社」という印象が強いのが現状です。
そんななか、新会社法で新しく加わった「合同会社」が年々増加傾向にあります。
実際「合資会社」「合名会社」を設立するというのは稀なようで、目にすること、耳にすることもほとんどありません。
同様に「合同会社」の認知度もまだまだ低いのが現状ではありますが、「合同会社」が増加傾向にある影には「株式会社」と「合同会社」、どちらの会社形態にするかで検討する人が多くなってきたからだと言えます。

では「株式会社」と「合同会社」のどちらを選ぶのが良いのでしょうか。
そして、そもそもなぜ「株式会社」と「合同会社」のどちらかで検討する人が多いのか、会社設立を考えたい人にとって気になるところです。

共通点としてあげられるのは、どちらも資本金が1円から会社設立が可能です。
また「株式会社」「合同会社」においては、どちらも有限責任であるため事業が破綻した場合、出資額の範囲内で損失を抑えることができます。
そう考えたとき、「株式会社」と「合同会社」のどちらかで検討したくなるのは当然なのかもしれません。

次に相違点は何なのか、それは会社設立時の費用です。
「株式会社」よりも安い費用で「合同会社」は設立可能です。
また「株式会社」は、出資比率に応じて利益配分に差が生じます。
しかし「合同会社」は定款に定めることにより知識や技術、出資額、すべてを平等に扱うことができ、利益配分が自由に設定可能です。
そして何より信用度が違います。
先に述べたように、「合同会社」の認知度はそれほど高いとは言えません。
現状では「株式会社」に劣ってしまうのは仕方がないのかもしれません。

このように共通点、相違点があることでどちらが良いのか悩むのは当然です。
しかしながら、今後「合同会社」の認知度も高まってくれば「株式会社」に引けを取らない信用度が生まれてくることでしょう。