「合同会社」設立時の資本金額 - 会社設立ガイド 合同会社編

会社設立ガイド 合同会社編 > 「合同会社」設立時の資本金額

「合同会社」設立時の資本金額

会社設立時に必要となる資本金ですが、実際いくら必要なのでしょうか。
これまで「株式会社」は1,000万円以上、「有限会社」は300万円以上の資本金が必要とされてきました。
しかし、新会社法により「有限会社」は新しく作ることはできなくなり、「合同会社」が加わりました。
そして、資本金も1円から会社設立可能という規定に変わりました。
1円で会社設立ができるとは言うものの、本当に可能なのでしょうか。

近年、新しく加わった「合同会社」の設立が増えつつあります。
「合同会社」は運営方針など、ルールを自由に設定することができ、有限責任社員のみで成り立つ法人形態です。
そして、まさに資本金は1円から会社設立が可能です。
そこで、「合同会社」を設立する場合の資本金は実際いくらなのでしょうか。

資本金は設立した会社を運営していくための軍資金です。
つまり事務所や店舗を借りる費用、運営に必要な事務用品など、資本金でやり繰りすることになります。
そう考えると、実際1円の資本金で会社設立は難しいと言えます。
そして、登記簿謄本に資本金額1円というのも記載されることを覚えておきましょう。

会社運営していくなかで、登記簿謄本に記載された資本金額は信用につながると言っても過言ではありません。
金融機関や大手企業は取引を始める前に必ずと言っていいほど、この登記簿謄本を確認します。
そこで資本金があまりにも少ないのは不利になります。
やはり、資本金が少ない会社よりも多い会社のほうが信用性は高いのです。
ところが、資本金が多すぎてもデメリットにつながります。
会社設立時の資本金が1,000万円以上というのは稀なようですが、1,000万円以上だと最大2年間の消費税納税が免除されるというメリットが受けられなくなるようです。

これらのことから1円で会社設立が可能となったとは言え、実際は難しいのが現状です。
「合同会社」設立の際は、100~300万円の資本金が理想とされているようです。
起業を考えるなら、まずは最低でも100万円の資本金を準備することから始めるのが賢いやり方かもしれません。