合同会社を含む会社の種類 - 会社設立ガイド 合同会社編

会社設立ガイド 合同会社編 > 合同会社を含む会社の種類

合同会社を含む会社の種類

image

以前は株式会社と有限会社の2種類が存在していました。
株式会社を設立するためには、資本金が1000万円以上必要だったのに対して、有限会社の場合には300万円以上の資本金が必要になることから、あまり予算がない人の場合には、有限会社を立ち上げることが多かったのです。

そのため、ある程度大きな会社が株式会社で、小規模な会社が有限会社というイメージを持っていた人も多いでしょう。
しかし、現在では株式会社は存在しているものの、資本金に関係なく設立できるようになったことで、有限会社というのは消滅しました。

もちろん改正が行われる以前に有限会社を立ち上げていれば、そのまま有限会社を名乗って運営することは可能です。
では、株式会社以外にはどのような種類の会社があるのでしょうか。

それは合名会社、合資会社、合同会社の3種類が存在しています。
どれも似たような名前になっているのですが、合名会社と合資会社は殆ど設立することがない状態なので、株式会社か合同会社を立ち上げる人が多いと言えるでしょう。

特に有限会社がなくなってからは、合同会社として設立されることが多く、現在ではどんどん数が増えているのです。
では、これらの種類の会社にはどのような違いがあるのでしょうか。

まずは設立時に必要な株主や社員の人数ですが、通常は1名で問題ないものの、合資会社だけは2名必要になります。
出資者も株式会社は株主になるのですが、その他は社員で問題ありません。

設立費用や手続きも、株式会社だけは多くの資金と面倒な手続きが必要になるのです。
その他にも多少の違いはあるものの、株式会社だけは比較的異なっている部分が多いのに対して、合資会社や合名会社、合同会社にはそれほど大きな違いはありません。

合名会社は個人事業主に近い感じで、無限責任になっている点だけ他とは違うと言えるでしょう。
合資会社は先ほど少し触れた設立時に必要な人数、有限責任社員と無限責任社員の両方がいるという点が他とは異なっています。

その他は合同会社と殆ど一緒になっているため、比較的優遇されている上に、手続きも簡単である合同会社を設立する人が多くなっているのです。
合資会社や合名会社は、メリットは合同会社と同じなのですが、デメリットが合同会社よりも多いため、設立する人が少ないのだと言えるでしょう。

株式会社はありとあらゆる面で恵まれているものの、手続きが面倒になります。
資金も合同会社などよりも多く必要になるので、一部分の裕福な人が設立する種類の会社だと言えるでしょう。