合同会社の意味とメリット・デメリットについて - 会社設立ガイド 合同会社編

会社設立ガイド 合同会社編 > 合同会社の意味とメリット・デメリットについて

合同会社の意味とメリット・デメリットについて

image

会社を設立する際、株式会社にするか合同会社にするかを検討する人がいます。
一般的に会社を設立するときは株式会社を思い浮かべる人が多いのですが、合同会社と言うのはどんな意味があるのでしょうか。
そこで、合同会社の意味とメリット・デメリットなどについてまとめてみました。


・合同会社の意味とは?
そもそも合同会社と言うのは経営者と出資者が同じで、出資者全員に有限責任があることを示しています。
基本的に株式会社の場合は株主総会や取締役会で意思決定を行わなければならないのですが、合同会社の場合は出資者が経営者となるため、柔軟に経営をしやすいのが特徴です。
また、出資者全員に有限責任があるという部分に対しては、会社が負債を抱えてしまった場合は出資額以上の責任を負わなくてもいいとされています。
このため、出資者が無限責任を負わなくてもいいことにより、リスクが低いところも合同会社ならではと考えられます。


・合同会社のメリット・デメリット!
合同会社のメリットについては、設立コストが安い、出資者全員の合意のうえで利益の配分を決められる、決算の公表義務がないという部分です。
この中で最も大きなメリットだと言われているのが、設立コストについてです。
一般的に株式会社を設立する場合、登記の申請として登録免許税が15万円かかるのですが、合同会社の場合は6万円で登記の申請が可能です。
合同会社のデメリットは企業として信用されにくい、社員の退社により資本金が減少する可能性もあるという部分です。
株式会社に比べて合同会社は知名度が低いことで、企業として信用されないことも考えられるので事業や銀行の融資等で不利になってしまうこともありそうです。


このように合同会社は株式会社よりも柔軟性があり、経営がしやすいと考えられます。
また、設立コストについても登録免許税を抑えられることで、メリットが大きいとされています。
しかし、企業として信用されにくい、資本金が減少してしまう可能性があるというところがデメリットなので、こういったデメリットを踏まえて合同会社を設立するのか、株式会社を設立するのかを考えたほうがいいと思います。
もちろん、登録免許税を抑えたいという理由から合同会社を設立する人もいるので、こういった簡単な理由から選んでみるのもいいと思います。
選び方や会社の基準は個人個人によって異なるので、自分でよく検討したうえで結論を出したほうがよさそうです。